恐喝・脅迫被害・トラブルの相談

  1. 恐喝・脅迫
  2. 恐喝・脅迫のご相談

恐喝・脅迫の相談について

恐喝・脅迫の相談をする前に,個々の法的な意味を理解しなくてはなりません。

恐喝罪(刑法249条)とは,暴力や相手の公表できない弱みを握るなどして脅迫すること等で相手を畏怖させ,金銭その他の財物を脅し取る犯罪をいいます。
仮に恐喝の被害者が畏怖(恐れおののくこと)しなかった場合や,畏怖はしたもののお金や物を加害者に交付しなかった場合でも,恐喝罪には未遂を処罰する規定がありますので,恐喝未遂として刑罰を受けることとなります。

例えば,出会い系サイトで知り合った女性や女性の関係者を名乗る男性から,援助交際や不倫,妊娠などを理由として脅しの被害に遭い,加害者にお金を支払う前に当センターにご相談に来られる方が多くおられます。
結果,脅しを行った者に一切の金銭の支払いをせずに解決した場合でも,脅しをした者に恐喝未遂での責任追及ができるということです。

それに対し脅迫罪(刑法第222条)とは,人の生命,財産,身体,名誉,自由に対して害悪する告知を行う犯罪です。
恐喝罪のように金品の奪取を目的としない点で違います。
また,相手方が畏怖したか否かに拘わらず成立します。

当センターによくある相談として,元彼から復縁を求められ断ると,「交際していた際に撮影したヌード写真をネットにばらまいてやる」と脅されたり,不倫相手に別れを切り出したところ,「別れるなら貴方の奥さんを殺してやる」と言われたといった相談がありますが,これらの相談はまさに脅迫に関するものです。

恐喝の相談に来られる方の大部分が,既に加害者から要求された示談金や慰謝料・解決金を支払ってしまってからご相談に来られます。
お金を払って紛争を収めたにも拘わらずなぜ相談に来られるのでしょうか。実は,ご相談者様は既に恐喝者の巧妙な罠に引っかかってしまっているのです。

恐喝の常套手段として,まず最初に,相手方が払えるであろう低めの金額を要求してきます。そして,その要求金額を支払うか否かによって,相手方が脅しや恫喝に屈する者かを値踏みしているのです。

最初の要求金額を支払ってきた者に対しては執拗に且つ徹底的にお金を毟り取りにきます。
彼等にとって脅しに屈する者は「打ち出の小槌」と一緒です。簡単には手放しません。

最初に加害者から提示された金銭を支払ったにも関わらず,再度金銭の要求を受けてから相談に来られる方の皆様が口を揃えてこう言います。
「最初に言われた金額で解決するならと思い払ってしまいました…」
どんな理由があれ,恐喝者に対して,金額の大小を問わずお金を支払ってはいけません。

上記のことは,脅迫にも当てはまります。
恐喝にせよ脅迫にせよ,加害者の要求を一度飲むとトラブルを拡大させ,解決を遅らせることになるだけです。まずは相手方が要求する内容を肯定も否定もせず聞いた上で,第三者に相談して下さい。

そもそも自分の受けている行為が,恐喝や脅迫に該当するかの判断や,刑法上の処罰を与えたいと考えているのであれば,「警察」に相談に行くべきです。

しかし,法律的に理論上は恐喝や脅迫に該当する場合であっても,事件性が低いと警察が判断した場合や証拠が無い,或いは薄い場合には,警察が動いてくれない可能性が高いようです。

また,恐喝や脅迫の被害者は通常「人に知られたくない弱み」を握られていることが殆どであり,またその弱みが「犯罪となりうる違法行為」である場合もあります。
児童買春禁止法や出会い系サイト規制法,売春防止法に該当する行為がまさにそれです。

家族やお仕事をお持ちの方にとって,警察沙汰に発展し,最悪の場合逮捕されることを考えると,相談を躊躇してしまうのも仕方のないことなのかもしれません。

恐喝・脅迫相談センターでは,被害に遭われた方の名誉の保護に最も重きを置き,
「家族や勤務先に知られずに」恐喝・脅迫を解決することを最大の目的としております。
その為の民間の相談機関であり,また,解決に必要な情報・証拠収集を行う調査機関でもあるのです。
また,法律的な対応が必要な場合は,恐喝・脅迫事件の解決実績がある弁護士のご紹介も可能です。

長年に渡り数多くの恐喝や脅迫被害のご相談を受けてきた当センターだからこそお役に立てる事も御座います。当センターでは,人の心の痛みがわかる暖かい気持ちをモットーとしております。
一人でお悩みを抱えずにお気軽にご相談下さい。